卓越した音楽的感性、コスモポリタンな芸術性、そして他の追随を許さない高い先見性を兼ね備えたサラ・デイヴィス・ビュークナーは、今日の音楽界で最も独創的なコンサートピアニストの一人である。その演奏は「知性、誠実さに加え、全てにおいて完璧なテクニック」(ニューヨークタイムズ紙)、「音楽と真摯に対峙する高い芸術性」(ワシントンポスト紙)、「驚くべき名人技」(フィリピンスター紙)、「ビュークナーに勝るピアニストはいない」(日本・インチューン誌)等、世界各地のメディアから絶賛を浴びている。

20代のビュークナーは、コンクールで高い実績を収め、エリザベート王妃国際コンクール(ベルギー)、 リーズ国際コンクール(イギリス)、モーツァルト国際コンクール、ベー トーヴェン国際コンクール(共にオーストリア)、シド ニー国際コンクール(オーストラリア)等、多くのコンクールにて最高位を受賞する。1986年、ロシア・モスクワでのチャイコフスキー国際コンクールでは銅メダル、そして1984年、米国ユタ州ソルトレイクシティでのジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクールでは第1位 ゴールドメダルを受賞。

演奏活動開始後は、ソロ、室内楽、コンチェルトと幅広く活動を行い、北米(アメリカ・カナダ)全ての州と地域での公演実績を持つ。ニューヨーク・フィルハーモニック、サンフランシスコ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団等の著名オーケストラ との共演の他、カーネ ギーホール、ケネディーセンター、ハリウッド・ボウル等、権威ある会場に数多く出演。中南米やヨーロッパ各地でも広くコンサートツアーを行う他、アジア・オセアニ アでも活発に活動しており、シドニー交響楽団、ニュージーランド交響楽 団、新日本フィルハーモニー、上海 フィルハーモニー管弦楽団など多数 のオーケストラのソリストとして共演。

現代音楽にも精力的に取り組んでおり、マイケル・ブラウン、ジョン・コリリアーノ、レイ・ グリーン、ディック・ハイ マン、ヴィテスラバ・カプラロバ、ジャレッド・ミ ラー、ホアキン・ニンクルメル、西邑由起子の各氏に 新作を委嘱、初演を手掛ける。また、映画やダンスとのコラボレーションも活発に行い、マーク・モリス・ダンスグループとのツアーや、 舞踏家・平野弥生との共演等、既存のピアニストの枠を超えた幅広い活動を展開している。

CDでは、あまり作品が演奏される機会の無い作曲家を取り上げるアルバムを数多く企画し、高い評価を受けている。これまでに、ニューヨークタイムズ紙に「世紀の発見」として取り上げられたルド ルフ・フリムルの他、ダナ・ス ウィース、ジョセフ・ラム、 ホアキン・トゥリーナ、ミクロス・ロージャ、そしてフルッチョ・ブゾー ニ(ブゾーニ編曲によるバッハ・ゴルドベルグ変奏曲の世界初演を含む)各氏の作品集をリリース。その他にも、ステレオファイル誌で「今月の最優秀レコー ド」に選ばれたガーシュウィン・ピアノ作品集や、ドイツの権威あるDeutsches Schauplatten Preisを受賞したバーナード・ハーマンと フランツ・ワックスマン の作品によるハリウッド・ピアノ協奏曲集等、多くのアルバムをリリースしている。また、2014年には、クライテリオ ン・コレクションからDVD発売されている無声映画『マスター オブ ザ ハウス』(カール・ドライヤー監督、1925年製作)のサウンドトラックの演奏を担当した。

マンハッタン音楽大学、ニューヨーク大学、 ブリティッシュ・コロンビア大学の各校で教鞭を執った後、2016年、テンプル大学(米国ペンシルバニア州フィラデルフィア)ボイヤー・カレッジピアノ科准教授に就任。世界各地の著名教育機関でのマスタークラスやワークショップの他、主要な国際ピアノコンクールの審査員として数多く招聘されている他、米国ドーヴァー出版の編集顧問も務める。1987年よりヤマハアーティスト。

また、トランスジェンダーの女性として、LGBTQの重要な行事に演奏や講演で参加することも多く、自身の体験を元にした数多くの記事やインタビューが世界各地のメディアで取り上げられる。

米国とカナダの両国籍を有し、現在はフィラデルフィアと大阪を拠点に、国際的な演奏・教育活動を行っている。